企業研修サービス

テキスト
【演習3】フラットプレート
【演習4】部品検査装置
周波数応答波形

NX Nastran振動解析 / セルフラーニングプログラム

振動設計におけるコンピュータシミュレーションの活用法を習得いただく演習付きセルフラーニングプログラムです。演習で使用するソフトウェアは世界的に広く使用されているNX Nastranです。本ソフトウェアの試供版をシーメンス社サイトから無料でダウンロードいただき、テキストに沿って実際に解析ジョブを実行しながら振動解析の考え方を学びます。振動解析や有限要素法がまったくはじめての方を対象としています。

▶ NX Nastranとは

前半では以下2つの演習を通してNX Nastranの基本機能や解析プロセスについて学びます。(静解析、ノーマルモード解析を使用)

【演習1】 梁の変形(手計算とNX Nastranのクロスチェック)

【演習2】 梁の振動(手計算とNX Nastranのクロスチェック)

後半では実務を想定した以下2つの演習を通して実践的なスキルを習得します。(ノーマルモード解析、周波数応答解析を使用)

【演習3】 フラットプレート(ノーダルマウントによる制振)

【演習4】 部品検査装置(剛性変更による制振)

 

本プログラムはどなたてもお申込みいただけます。受講者様自身でソフトウェア(Femap with NX Nastran)をダウンロードいただき、別途お送りするテキストに沿って演習を行ってください。

Femap with NX Nastranダウンロード(シーメンス社サイト)※ダウンロードから30日間のみ使用可能ですので、先に受講のお手続きを行っていただくことをお勧めします。

■受講開始時期や演習時間などはすべて受講者様ご自身でお決めいただけます。

■受講期間は30日間です。ご質問事項などは受講期間中、何度でもメールにてご質問いただけます。

【以下はご参考情報です】

本トレーニングプログラムはこれまでセミナー形式で行って参りましたが、2020年4月よりセルフラーニングプログラムとして生まれ変わりました。

セルフラーニングのご紹介記事_20210423(ブログ)

セルフラーニングのご紹介記事_20200403(ブログ)

過去のセミナーにつきましては、以下のリンクをご参照ください。

開催リポート-2017.02.20
開催リポート-2016.12.09
開催リポート-2016.09.27
開催リポート-2016.03.20
セミナーコンセプト#1
セミナーコンセプト#2

 

 

技術セミナー「自動車の振動設計」/ 約2時間

自動車に求められる乗り心地、静粛性、そして乗り味といった性能は一般的に振動・騒音性能、通称NVH(Noise & Vivration, Harshness)と呼ばれています。本セミナーでは、このNVH性能を設計する上での基本的考え方を具体例を挙げながらご紹介します。

主として以下3項目を学んでいただくことで、振動設計の技術要件をイメージできるようになっていただくことを本セミナーのゴールとしています。

☆振動設計の基本「固有値マップ」の策定

☆剛性と質量の関係を表す「伝達関数」とは

☆振動は「起振力×伝達率」でコントロール

機械振動がはじめての方でも振動の基礎から学んでいただける内容になっていますので、振動がご担当でないエンジニアの方にも知見を拡げる一助としてお役立ていただけましたら幸いです。

■所要時間:約2時間

■講師:株式会社エアロメカ 安藤隆幸

■開催場所(会議室等)およびプロジェクタにつきましては主催者様にてご準備くださいますようお願いいたします。

■ご参考情報

開催リポート-2017.3.14
開催リポート-2017.3.01
開催リポート-2016.12.2

CAE解析サービス

振動実験サービス

企業研修サービス