Nastran 振動解析(共振周波数, 固有振動数, 固有モード、周波数応答)

crj.JPG

有限要素法(Nastran)による動解析

航空機や自動車などに多く採用されている薄肉パネル構造や、モータやアクチュエータなどから構成される機械装置まで、幅広い振動問題に対応いたします。ソフトウェアは、汎用構造解析ソフトとして長年の実績があるNastranを使用し、ノーマルモード解析や周波数応答解析による動特性の再現と構造変更検討を行います。Nastranは防振ゴムなど周波数依存性のある特性も考慮できるため、ハイドロマウントシステムの特性チューニングにも効果を発揮します。

graph.JPG

周波数応答解析例

有限要素モデルに周期外力を定義して任意の振動応答を予測することができます。

有限要素法解析のスタートは、モデリングです。CADデータや図面をもとにメッシュ切りという作業を行って、構造を細かい要素に分割していきます。有限要素モデルをノーマル・モード解析することで、共振周波数や振動モードを予測できます。また、周波数応答解析によって各振動モードの減衰特性や振動レベルを把握することができます。

ページの先頭へ