共振周波数測定(固有振動数・固有モード測定, 実験モード解析, モーダル解析)

共振周波数測定サービス

modaltest_con01 .jpg

製品から振動が。。

製作した製品から振動がでてしまったら、まずは「共振周波数を疑ってみる」のが解決への近道です。共振周波数とは、どのような物体でも持っている固有の振動数のことです。この共振周波数と動力源となるもの、たとえばモーターやエンジンなどの回転数が一致したときに共振現象が現れます。これが振動問題の多くの原因となっています。ですから、振動がでたら、部品の共振周波数を調べ、動力源の回転数から離してあげることで多くの場合は解決します。

共振周波数の測定とは

共振周波数はハンマリング試験によって測定します。ハンマリングとは、ハンマーでたたいて挙動を見る試験ですが、決して大きな力を加えず、ほんのわずかな力で部品を加振してそのときの加速度を測定します。これによって共振波形が得られます。波形の大きな山となっている箇所が共振周波数になります。測定には、インパクトハンマーおよび加速度ピックアップの他、FFTやソフトウェアが必要ですが、弊社では測定設備を完備しておりますので、いつでも測定可能です。お気軽にお問い合わせください。

modaltest_con_frf.JPG


共振周波数測定に関するご相談やご質問がございましたら、是非お問合わせください

ページの先頭へ