Message

1990年代からコンピュータが大幅に低価格化するのに伴い、それまで高価なワークステーションでしか行えなかったCAE解析(Computer Aided Engineering)が手軽に行えるようになりました。しかし、解析の本質はあくまでもシミュレーション結果のレビューとそれに基ずく設計指針を得ることであり、CAEエンジニアには依然として高い解析スキルが求められています。特にダイナミクスの分野では、製品ユーザーの視点に立った現象の分析が問題解決を図る上で重要と考えています。「聞くより見る、見るより触れる」を基本に、”モノ”を主体とした仕事を心がけています。

エアロメカ代表 安藤 隆幸

snap2_with_be36.JPG

■ 略 歴 ■

1992年 日本大学卒業後、国内自動車メーカー・航空機メーカーにおいて解析シミュレーション業務に従事。 その後、米ボーイング社勤務を経て、2005年 エアロメカ設立。主にダイナミクス・デザイン(動的設計)における解析シミュレーションや実験評価を経験。
CAEエンジニア / 事業用操縦士(飛行機)

ページの先頭へ